2016年 朝日杯フューチュリティステークス出走馬 馬名意味」の記事を紹介します。



12月18日(日)に、朝日杯フューチュリティステークス(阪神、G1、2歳、芝1600m)が行われます。


その朝日杯フューチュリティステークス出走馬 馬名意味を調べました。



朝日杯フューチュリティステークス【登録頭数:21フルゲート:18頭

馬名              馬名意味

賞金上位馬(14頭)


モンドキャンノ  「世界(仏)+知ることができる。世界は知ることが
          できる」
トラスト     「信頼」
レヴァンテライオン「東方(伊)+ライオン。東方のライオン」
ミスエルテ    「私の幸運(西)」
アメリカズカップ 「セーリングマッチレース名」
リンクスゼロ   「冠名(ゴルフ場)+ゼロからスタート」
レッドアンシェル 「冠名+空(仏)。大空を羽ばたくかのような走りを
          期待して」
ボンセルヴィーソ 「いい仕事を(ポルトガル語)」
ダンビュライト  「無色透明、淡いピンク、黄色、紫などの色彩をもつ
          パワーストーン」
ダイイチターミナル「第一ターミナル」
サトノアレス   「冠名+ギリシャ神話の戦の神」
タガノアシュラ  「冠名+仏教の守護神」
ビーカーリー   「冠名(馬主イニシャルより連想、働き者)+インド
          神話に登場する女神」
ブルベアバブーン 「冠名+ヒヒ」


抽選対象馬(4/7)


アシャカリアン  「冠名+絆(仏)」
クリアザトラック 「そこ退け道をあけよ」
サングレーザ  「太陽の近くをかすめるように通る彗星」
トリリオネア   「1兆長者」
トーホウドミンゴ 「冠名+日曜(西)」
ヒロシゲグローリー「人名より+栄光」
マテラレックス  「冠名+王(ラテン語)」



朝日杯フューチュリティステークス楽しみですね!


【関連記事】
2016年 朝日杯フューチュリティステークス出走馬 馬主