【2016年 東京スポーツ杯2歳ステークス 結果」の記事を紹介します。



今日11月19日(土)に、第21回東京スポーツ杯2歳ステークス(東京、GⅢ、2歳、芝1800m)が行われました。



勝ったのは、 柴田善臣騎手騎乗の2番人気 ブレスジャーニー(牡2

ブレスジャーニーは中団追走、直線で脚を伸ばし、先に抜け出したスワーヴリチャードムーヴザワールドの2頭をゴール直前でまとめて差し切り優勝。


勝ちタイムは、1分48秒3


ブレスジャーニー3連勝でしかも重賞2連勝

朝日杯フューチュリティステークス最有力候補に躍り出ましたね。


2着は、4番人気 スワーヴリチャード(牡2)。

3着は、1番人気 ムーヴザワールド(牡2)。


3番人気 トラスト(牡2)は5着でした。



東京スポーツ杯2歳ステークス 結果】 10頭 東京 芝1800m 稍重

1着 ブレスジャーニー  柴田善臣  1.48.3
2着 スワーヴリチャード 四位洋文  1.48.3
3着 ムーヴザワールド  C.ルメール 1.48.3


3連複は1,100円、3連単は8,270円でした。




ブレスジャーニー 血統】 (牡2)

父  バトルプラン
母  エルフィンパーク
母父 タニノギムレット

調教師 :本間忍(美浦)


馬主  :島川隆哉


生産者 :競優牧場

通算成績:4戦3勝


バトルプランエンパイアメーカーの直仔で、2010年のニューオーリンズH(米、GⅡ、ダ9F)を優勝し、同年のスティーヴンフォスターH(米、G1、ダ9F)では2着。


バトルプランの母Flanders(フランダース)は、1994年のブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズ(米、G1、ダ8.5F)などG1を3勝し、同年のエクリプス賞最優秀2歳牝馬


祖母エルフィンフェザーの半姉に、名牝 エアグルーヴがいる血統



馬主は、「トーセン」の冠名でおなじみの、島川隆哉(しまかわたかや)さんです。


ブレスジャーニー(エルフィンパークの2014)は、2015年の「北海道サマーセール1歳馬セリにて、島川隆哉さんが250万円(税抜)で落札。


ブレスジャーニー」の馬名意味は、「旅を祝福する」です。



ブレスジャーニー次走は朝日杯フューチュリティステークスですね。

ミスエルテとの対決が楽しみですね。

次走も楽しみですね!