【2016年 ローズステークス】 結果」の記事を紹介します。



今日9月18日(日)に、秋華賞トライアルの第34回ローズステークス(阪神、GⅡ、芝1800m)が行われました。



勝ったのは、池添謙一騎手騎乗の1番人気 シンハライト(牝3)



シンハライトは中団後方追走、直線でメンバー最速の上がり3ハロン33.7秒の末脚で、逃げ粘るクロコスミアをゴール直前で差し切りハナ差をつけ優勝。


勝ちタイムは1分46秒7



シンハライト重賞3勝目



2着は、11番人気 クロコスミア(牝3)。


3着は、6番人気 カイザーバル(牝3)。



シンハライトクロコスミアカイザーバルの上位3頭が秋華賞への優先出走権を獲得。


2番人気 ジュエラー(牝3)は11着。

3番人気 アットザシーサイド(牝3)は5着でした。



ジュエラーは、本番に不安が残りますね。



ローズステークス 結果】 15頭 阪神 芝1800m 重


1着 シンハライト 池添謙一 1.46.7
2着 クロコスミア 岩田康誠 1.46.7
3着 カイザーバル 四位洋文 1.46.8


3連複は24,210円、3連単は105,940円でした。



シンハライト 血統】 (牝3)


父  ディープインパクト
母  シンハリーズ 
母父 Singspiel


調教師  :石坂正(栗東)


馬主  :有限会社 キャロットファーム


生産者  :ノーザンファーム

通算戦績:6戦5勝



シンハリーズ(Singhalese)は、2005年のデルマーオークス(米、G1、芝9F) 優勝馬。



全兄アダムスピークは、2011年のラジオNIKKEI杯2歳ステークス 優勝馬。

半姉リラヴァティ(父ゼンノロブロイ)は、2016年のマーメイドステークス 優勝馬。


シンハライト」の馬名意味は、「宝石名。輝かしい成績をおさめられるように。母名より連想」 です。



クラブ法人(馬主)の「キャロットファーム 」は、1口馬主クラブ


愛馬会法人は、「キャロットクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】 緑、白二本輪、白袖赤一本輪



シンハライト(シンハリーズの2013) 1口馬主 募集価格】

1口出資額 :11万円
総口数   :400口 
募集総額 :4400万円




シンハライト
次走は秋華賞ですね。


オークス以来の久々のレースで結果を出し、これで秋華賞の最有力候補ですね



秋華賞も楽しみですね!