クイーンズリング 馬主【吉田千津」の記事を紹介します。


5月15日(日)に、第11回ヴィクトリアマイル(東京、G1、4歳以上牝馬、芝1600m)が行われます。


登録馬のクイーンズリングの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


クイーンズリングの馬主は、吉田千津(よしだちづ)さんです。


吉田千津さんの名前を聞いてピンときた人は、競馬通ですね(笑)


吉田千津さんは、社台グループ総裁吉田照哉(よしだてるや)さんのですね。



参考までに、吉田家の家系図です。
社台グループ 紹介1【家族関係】


吉田千津さんは、イングランディーレG1を制覇しています。



【冠名】  なし


【勝負服色】  黄、茶縦縞


【主な所有馬】

イングランディーレ(2004年 天皇賞(春) 優勝)


シンゲン(2010年 オールカマー 優勝など)






クイーンズリング 血統】   (牝4)

父  マンハッタンカフェ
母  アクアリング
母父 Anabaa


調教師 :吉村圭司(栗東)


生産者 :社台ファーム


通算成績:9戦4勝



伯母に、2004年の仏1000ギニー 優勝馬のTorrestrella(トーレストレラ)がいる血統。



クイーンズリング」の馬名意味は、「マンハッタンの隣にある地名+母系より」です。




クイーンズリングは、前走の京都牝馬ステークスで優勝

昨年2015年の秋華賞では2着でまだ戴冠に届いていません。


吉田千津さんに、久々のG1制覇をもたらすか。


ヴィクトリアマイル楽しみですね!