カレンミロティック 馬主【鈴木隆司」の記事を紹介します。


5月1日(日)に、第153回天皇賞(春)(京都、G1、芝3200m)が行われます。


昨年2015年の天皇賞(春)の3着馬 カレンミロティックの馬主がちょっと気になったので、調べてみました。


カレンミロティックの馬主は、鈴木隆司(すずきたかし)さんです。


鈴木隆司
さんは、兵庫県神戸市で鈴木眼科クリニックを経営しています。



鈴木隆司さんは、「カレン」の冠名の馬主でおなじみですね。


冠名「カレン」は、長女の名前「かれん」からです。


鈴木隆司さんは、カレンチャンカレンブラックヒルG1を制覇しています。


【冠名】 カレン



【勝負服色】  黒、白縦縞、袖赤一本輪



【主な所有馬】


カレンチャン(2011年 スプリンターズステークス、2012年 高松宮記念  優勝)


カレンブラックヒル
(2012年 NHKマイルカップ 優勝)






カレンミロティック 血統】  (セ8)


父  ハーツクライ
母  スターミー
母父  A.P. Indy


Northern Dancer 6.25% 5×5 のクロスが発生。


調教師 :平田修(栗東)


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:34戦6勝



半姉ヒカルアマランサス(父アグネスタキオン)は、2010年の京都牝馬ステークス 優勝馬。



祖母は、1991年の仏オークス馬Caerlina(カーリーナ)。


ちなみに、Caerlina(カーリーナ)の馬主は、日本人の新田嘉一(にったかいち)さん。


新田嘉一(にったかいち)さんは、平田牧場の会長で、「チョウカイヒラボク」の冠名でおなじみの馬主です。



カレンミロティック」の馬名意味は、「冠名+迷路(ハングル)と英語の形容詞語尾ticからの造語」です。




カレンミロティックはもう8歳馬ですから、今年が最後のチャンスですかね。


もう一花咲かせてほしいですね。


天皇賞(春)楽しみですね!