【2016年 皐月賞】 結果」の記事を紹介します。



今日4月17日(日)に、3歳牝馬クラシックの幕開け 第76回皐月賞(中山、G1、芝2000m)が行われました。



勝ったのは、 蛯名正義騎手騎乗の8番人気の伏兵 ディーマジェスティ牡3)。

ディーマジェスティは中団後方追走、直線でメンバー2番目(最速はマカヒキの33.9秒)の上がり3ハロン34.0秒の末脚で各馬を差し切り優勝。


勝ちタイムは、ロゴタイプレースレコードを0.1秒短縮の1分57秒9



ディーマジェスティは、3連勝でG1制覇



【ディーマジェスティ 関連記事】
ディーマジェスティ 馬主【嶋田賢】


2着は、3番人気 マカヒキ(牡3)。


3着には、1番人気 サトノダイヤモンド(牡3)。



2番人気 リオンディーズは、直線で斜行しエアスピネルの進路を妨害し5着に降着。


そして、5位入線のエアスピネルが4着に繰り上がり。


皐月賞 結果】 18頭 中山 芝2000m 良

1着 ディーマジェスティ 蛯名正義  1.57.9
2着 マカヒキ      川田将雅  1.58.1
3着 サトノダイヤモンド C.ルメール 1.58.3

3連複は6,000円、3連単は70,390円でした。


予想的中で、今年G1 4戦4勝で絶好調!


ディーマジェスティ 血統】 (牡3)

父  ディープインパクト
母  エルメスティアラ
母父 ブライアンズタイム


調教師 :二ノ宮敬宇(美浦)


馬主  :嶋田賢


生産者 :服部牧場


通算戦績:5戦3勝


半兄は、2012年のニュージーランドトロフィーで、カレンブラックヒルの2着のセイクレットレーヴ(父アドマイヤムーン)。


叔母は、2004年のエリザベス女王杯 3着馬のエルノヴァ


祖母の半兄に、1991年の英・愛ダービーを含むG1 4勝Generous(ジェネラス) がいる血統。



ディーマジェスティ」の馬名意味は、「父名より+威厳」です。




ディーマジェスティ次走は、ダービーですね。


ダービーの方が向くと思いますので、2冠も夢ではないですね。



ダービーも楽しみです!