リライアブルエース【半兄 アルバートドック】4月16日 デビュー決定」の記事を紹介します。



4月16日(土)、阪神4R 3歳未勝利戦(芝1800m)で、全兄がアルバートドックリライアブルエース(牡3)がデビューします。

鞍上は、藤岡佑介騎手です。



リライアブルエース 血統】  (牡3)

父  ディープインパクト
母  ゴールデンドックエー
母父 Unusual Heat


調教師 :矢作芳人(栗東)


馬主  :有限会社 サンデーレーシング


生産者 :(有)社台コーポレーション白老ファーム



全兄アルバートドックは、2016年の 小倉大賞典 優勝馬。


ゴールデンドックエー(Golden Doc A)は、2008年のラスヴァージネスS(米、G1、AW8F) 優勝馬。


伯父に、2010年のハリウッドターフカップS(米、G1、芝12F) 優勝馬のUnusual Suspect(アンユージャルサスペクト)がいる血統。



リライアブルエース」の馬名意味は、「頼りになるエース。母名のA=エースより」です。



クラブ法人(馬主)の「サンデーレーシング」は、1口馬主クラブ。

愛馬会法人は、「サンデーサラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。


【勝負服色】 黒、赤十字襷、袖黄縦縞


リライアブルエース(ゴールデンドックエーの2013)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :200万円
総口数  :40口 
募集総額 :8000万円



全兄アルバートドックは、3戦目で勝ち上がりましたが、リライアブルエースはどうでしょうか?


デビュー戦楽しみですね!