エアスピネル 血統【皐月賞 出走】」の記事を紹介します。


4月17日(日)に、牡馬クラシックの幕開け 第76回皐月賞(中山、G1、芝2000m)が行われます。


登録馬のエアスピネル(牡3)は、前走の弥生賞で、3番人気で3着でした。


エアスピネルの血統がちょっと気になったので、調べてみました



エアスピネル 血統】  (牡3) 

父  キングカメハメハ
母  エアメサイア
母父 サンデーサイレンス


Northern Dancer 12.50% 5×5×4 のクロスが発生。



調教師  :笹田和秀(栗東)


馬主    :ラッキーフィールド 


生産者  :社台ファーム


通算成績:4戦2勝



エアメサイアは、2005年の秋華賞馬


祖母にエアデジャヴー、伯父にエアシェイディの重賞馬がいるエア一族の血統。



馬主は、「エア」の冠名でおなじみの吉原毎文(よしはらつねぶみ)さんです。


馬主名義は株式会社ラッキーフィールド



エアスピネル」の馬名意味は、「冠名+タイに伝わる伝説の竜の形をした馬」です。




エアスピネルは、前走の弥生賞では、マカヒキリオンディーズに完敗。


すっかり、3強から差を付けられました。



一叩きされ、今回どこまで変わってくるか。


正攻法では勝つのは厳しいが、皐月賞3勝の鞍上 武豊騎手がどういう手綱さばきをするか注目。


皐月賞楽しみですね!