メイショウバーズ 血統【桜花賞 出走】」の記事を紹介します。


4月10日(日)に、牝馬クラシックの幕開け 桜花賞(阪神、G1、芝1600m)が行われます。


出走馬のメイショウバーズ(牝3)は、前走のアネモネステークスで、5番人気で9着でした。


メイショウバーズの血統がちょっと気になったので、調べてみました



メイショウバーズ 血統】  (牝3) 

父  タニノギムレット
母  デヒアバーズ
母父 デヒア


Graustark             9.38%  4×5
Northern Dancer 6.25% 5×5


のクロスが発生。



調教師 :本田優(栗東)


馬主  :松本好隆


生産者 :藤沢牧場


通算戦績:5戦2勝



祖母の半弟に、1997年の仏グランクリテリウム(G1、芝1600m) 優勝馬のSecond Empire(セカンドエンパイア)。

近親に、1991年のセントジェームズパレスステークス(G1、芝8F) 優勝馬で、サトノクラウンの父として知られているMarju(マルジュ)がいる血統。



馬主は、「メイショウ」の冠名でおなじみの松本好雄(まつもとよしお)さんの息子の松本好隆(まつもとよしたか)さんです。



メイショウバーズ(デヒアバーズの2013)は、2014年の「北海道サマーセール1歳馬セリにて、松本好雄さんが850万円(税抜)で落札。



メイショウバーズ」の馬名意味は、「冠名+母名の一部」です。




メイショウバーズは、抽選を突破。


前走のアネモネステークスでは9着と惨敗でしたが、抽選突破の勢いで桜花賞制覇なるか。



桜花賞楽しみですね!