カトルラポール 血統【桜花賞 出走】」の記事を紹介します。


4月10日(日)に、牝馬クラシックの幕開け 桜花賞(阪神、G1、芝1600m)が行われます。


出走馬のカトルラポール(牝3)は、前走のフィリーズレビューで、12番人気で12着でした。


カトルラポールの血統がちょっと気になったので、調べてみました



カトルラポール 血統】  (牝3) 

父  グラスワンダー
母  スポーティングラダー
母父 Danzig


Danzig       37.50% 3×2
Hail to Reason 9.38% 4×5
Raise a Native  9.38% 5×4
Nearco         6.25% 5×5
Native Dancer  6.25% 5×5


のクロスが発生。



調教師 :浅野洋一郎(美浦)


馬主  :石井義孝


生産者 :浜本牧場


通算戦績:13戦2勝



近親に、1988年のアラバマステークスモンマスオークスG1 2勝Maplejinsky(メイプルジンスキー)がいる血統。


カトルラポール」の馬名意味は、「4人(仏)+心と心のつながり(仏)」です。




カトルラポールは、抽選を突破。


前走のフィリーズレビューでは12着と惨敗でしたが、抽選突破の勢いで桜花賞制覇なるか。



桜花賞楽しみですね!