レッドアヴァンセ 血統【桜花賞 出走】」の記事を紹介します。


4月10日(日)に、牝馬クラシックの幕開け 桜花賞(阪神、G1、芝1600m)が行われます。


登録馬のレッドアヴァンセ(牝3)は、前走のチューリップ賞で、3番人気で8着でした。


レッドアヴァンセの血統がちょっと気になったので、調べてみました



レッドアヴァンセ 血統】  (牝3) 

父  ディープインパクト
母  エリモピクシー
母父 ダンシングブレーヴ


Lyphard 18.75% 4×3 のクロスが発生。



調教師  :音無秀孝(栗東)


馬主    :株式会社 東京ホースレーシング


生産者  :ノーザンファーム


通算成績:5戦2勝



伯母エリモシックは、1997年のエリザベス女王杯 優勝馬。


兄は、リディル(父アグネスタキオン)、クラレント(父ダンスインザダーク)、 レッドアリオン(父アグネスタキオン)、サトノルパン(父ディープインパクト)など重賞馬がずらりと並ぶ血統。



レッドアヴァンセ」の馬名意味は、「冠名+前進する(仏)。華やかな舞台を歩み続けるよう」です。



クラブ法人(馬主)の「東京ホースレーシング」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「東京サラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】赤、白星散、袖白一本輪



レッドアヴァンセ(エリモピクシーの2013)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :17.5万円
総口数    :400口 
募集総額  :7000万円




レッドアヴァンセは、前走のチューリップ賞で8着と惨敗。


しかし、馬体重が14㎏減でしたし、位置取りが最後方でしたから、巻き返しを期待したいですね。


桜花賞楽しみですね!