シンハライト 血統【桜花賞 出走】」の記事を紹介します。


4月10日(日)に、牝馬クラシックの幕開け 桜花賞(阪神、G1、芝1600m)が行われます。


登録馬のシンハライト(牝3)は、前走のチューリップ賞で、2番人気で見事優勝しました。


シンハライトの血統がちょっと気になったので、調べてみました



シンハライト 血統】  (牝3) 

父  ディープインパクト
母  シンハリーズ 
母父 Singspiel


Halo             18.75% 3×4
Northern Dancer 6.25% 5×5


のクロスが発生。



調教師 :石坂正(栗東)


馬主  :有限会社 キャロットファーム


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:3戦3勝



全兄のアダムスピークは、2011年のラジオNIKKEI杯2歳ステークス 優勝馬。


シンハリーズ(Singhalese)は、2005年のデルマーオークス 優勝馬。


シンハライト」の馬名意味は、「宝石名。輝かしい成績をおさめられるように。母名より連想」 です。



クラブ法人(馬主)の「キャロットファーム 」は、1口馬主クラブ


愛馬会法人は、「キャロットクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】緑、白二本輪、白袖赤一本輪



シンハライト(シンハリーズの2013) 1口馬主 募集価格】

1口出資額 :11万円
総口数   :400口 
募集総額 :4400万円




シンハライトは、前走のチューリップ賞で、ウオッカが出したタイムを0.9秒更新のレースレコードで優勝。


1強と言われているメジャーエンブレムとはまだ未対決ですので、対戦が楽しみですね。


無傷の4連勝桜花賞制覇出来るか。

桜花賞楽しみですね!