2016年 ミモザ賞 結果」の記事を紹介します。



昨日3月27日(日)に、中山9R ミモザ賞(500万円下、牝馬限定、芝2000m)が行われました。



勝ったのは、内田博幸騎手騎乗の1番人気 パールコード(牝3)。


パールコードは中団追走、4コーナーでは2番手に上がり、直線早めに抜け出しそのまま押し切り優勝。


勝ちタイムは、2分02秒3。



2着は、3番人気 ジェラシー(牝3)。


3着は、4番人気 シャクンタラー(牝3)。



2番人気 ヨシノザクラ(牝3)は、4着でした。



ミモザ賞 結果】9頭 中山 芝2000m 良


1着 パールコード  内田博幸 2.02.3
2着 ジェラシー   田辺裕信 2.02.5
3着 シャクンタラー 三浦皇成 2.02.7


3連複は690円、3連単は2270円でした。



パールコード 血統】(牝3)


父  ヴィクトワールピサ
母  マジックコード
母父 Lost Code


調教師 :中内田充正(栗東)


馬主  :H.H.シェイク・ファハド


生産者 :社台ファーム


通算成績:3戦2勝



半姉は、2005年の阪神ジュベナイルフィリーズ 2着のシークレットコード(父Fusaichi Pegasus)。



馬主は、カタール前首長H.H.シェイク・ファハド氏。


パールコード(マジックコードの2013) は、2013年の「セレクトセール2013当歳馬セリにて、David Redvers氏が1400万円(税抜)で落札。



パールコード」の馬名意味は、「冠名+暗号」です。




パールコード次走は、オークストライアルフローラステークスです。


次走も楽しみです!