レッツゴードンキ 血統【高松宮記念 出走】」の記事を紹介します。


3月27日(日)に、第46回高松宮記念(中京、G1、4歳以上、芝1200m)が行われます。


登録馬のレッツゴードンキ(牝4)は、前走の阪急杯で、2番人気で6着でした。



レッツゴードンキの血統がちょっと気になったので、調べてみました



レッツゴードンキ 血統】 (牝4)


父  キングカメハメハ
母  マルトク
母父 マーベラスサンデー


Mr. Prospector  18.75% 3×4
Northern Dancer 9.38% 5×5×5
Special           6.25% 5×5


のクロスが発生。



ミスプロは、名馬の証と言われる「奇跡の血量」です。



調教師 :梅田智之(栗東)


馬主  :廣崎利洋HD 株式会社


生産者 :清水牧場


通算成績:11戦2勝



この母系は遡るとダイナフランダースに辿り着き、クィーンスプマンテなどのG1馬が出てる一族です。


マルトクは、短距離ダートを5勝。



馬主は、引退を撤回し今年現役続行のストレイトガールを所有している廣崎利洋(ひろさきとしひろ)さんです。



レッツゴードンキ」の馬名意味は、「さあ進もう「ドンキホーテ」のように」です。




レッツゴードンキは、昨年2015年の桜花賞馬


その桜花賞以来、勝ち星から遠ざかっています。


約1年ぶりの勝利をG1制覇で飾れるか。



高松宮記念楽しみですね!