【2016年 フラワーカップ】 予想」の記事を紹介します。



明日3月21日(月)に、桜花賞最終便 第30回フラワーカップ(中山、GⅢ、芝1800m)が行われます。



予想ですが、3連複1頭軸から流します。



1頭軸
ゲッカコウ



相手
エンジェルフェイス
ルフォール
ラブリーアモン
ギモーヴ
ペルソナリテ



本命は、ゲッカコウ


前走の500万下は、後のチューリップ賞 4着のクィーンズベストに完勝。


レースも、向こう正面で自ら動いて一気にまくり先頭に立ち、そのまま後続を完封と強い内容。


ここは勝って、桜花賞へ向かいたいですね。



対抗は、エンジェルフェイス


全姉にレディアルバローザ、半姉はキャトルフィーユの重賞馬を持つ良血馬


エンジェルフェイス
は、まだ未勝利戦を勝ち上がったばかりの1勝馬ですが、その前走の未勝利戦のタイムが1分47秒0。


同日中山で500万下を勝ったゲッカコウのタイムが1分48秒6とコースは違いますが、1秒6エンジェルフェイスの方が速いタイム。


重賞初挑戦になりますが、このメンバーであればチャンスがありますね。



単穴は、ルフォール


前走のクイーンカップで8着に負けましたが、上がり3ハロンは、メンバー最速の34.3秒の末脚で、次につながる内容。


一叩きして上積みがあり、巻き返しを期待。




後はそんなに差がないですね。