ゲッカコウ 血統【フラワーカップ 出走】」の記事を紹介します。


3月21日(月)に、桜花賞最終便の第30回フラワーカップ(中山、GⅢ、芝1800m)が行われます。



登録馬のゲッカコウ(牝3)は、前走の500万下のレースで、5番人気で優勝しました。



ゲッカコウ
の血統がちょっと気になったので、調べてみました



ゲッカコウ 血統】(牝3)


父  ロージズインメイ
母  チューベローズ
母父 シンボリクリスエス


Halo           12.50% 4×4
Hail to Reason  9.38%  5×5×5
Seattle Slew     6.25%  5×5
Princequillo     6.25%  5×5


のクロスが発生。



調教師 :高橋義博(美浦)


馬主  :株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン


生産者 :斉藤スタッド


通算戦績:7戦2勝



祖母チューニーは、2003年のクイーンカップ 優勝馬で、同年のオークスを2着。



ゲッカコウ」の馬名意味は、「月下香。チューベローズの和名」です。



クラブ法人(馬主)の「サラブレッドクラブ・ラフィアン」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「ラフィアンターフマンクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】赤、緑袖赤一本輪



ゲッカコウ(チューベローズの2013)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :12万円
総口数    :100口 
募集総額  :1200万円




フラワーカップには、2勝馬がペルソナリテゲッカコウの2頭が出走します。



ゲッカコウが前走の500万下で2馬身差負かしたクィーンズベストは、チューリップ賞で4着と健闘。


クィーンズベストを物差しにすれば、ゲッカコウはここでは上位になりますね。


重賞初挑戦になりますが、フラワーカップを勝って、2連勝で桜花賞に向かいたいですね。



フラワーカップ楽しみですね!