【2016年 中山牝馬ステークス】 結果」の記事を紹介します。



今日3月13日(日)に、第34回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ、牝馬4歳以上、中山、芝1800m)が行われました。



勝ったのは、吉田豊騎手騎乗の4番人気 シュンドルボン(牝5)。


シュンドルボンは後方追走、直線外から脚を伸ばし、ゴール前でルージュバッククビ差差し切り優勝。


勝ちタイムは、1分50秒3。



シュンドルボン重賞初制覇



2着は、1番人気 ルージュバック(牝4)。


3着には、15番人気 イショウスザンナ(牝7)。



2番人気 アースライズ(牝4)は8着。


3番人気 ハピネスダンサー(牝5)は5着でした。


中山牝馬ステークス 結果】16頭 中山 芝1800m 良

1着 シュンドルボン   吉田豊  1.50.3
2着 ルージュバック   戸崎圭太 1.50.3
3着 メイショウスザンナ 大野拓弥 1.50.4


3連複は38270円、3連単は171860円でした。


シュンドルボン 血統】 (牝5)


父  ハーツクライ
母  ネイチャーガイド
母父 エルコンドルパサー


調教師 :矢野英一(美浦)


馬主  :下河辺牧場


生産者 :下河辺牧場


通算成績:22戦6勝



伯父に、2008年の東京新聞杯 2着のリキッドノーツがいる血統。



馬主は、オーナーブリーダー下河辺牧場(しもこうべぼくじょう)です。



シュンドルボン」の馬名意味は、「マングローブの群生地帯。母名より連想」です。




シュンドルボン次走は、5月15日(日)のヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)か、それともその前に1走挟むか?


次走も楽しみです!