【2016年 アネモネステークス】 結果」の記事を紹介します。



今日3月12日(土)に、桜花賞トライアルアネモネステークス(中山、オープン、芝1600m)が行われました。



勝ったのは、柴山雄一騎手騎乗の3番人気 チェッキーノ(牝3)。


チェッキーノは中団追走、直線でメンバー最速タイの上がり3ハロン35.2秒の末脚で差し切り優勝。


勝ちタイムは、1分35秒5。



チェッキーノはこれで2連勝でオープン入り。



【チェッキーノ 関連記事】
チェッキーノ 血統【アネモネステークス 出走】



2着は、14番人気 アッラサルーテ(牝3)。


3着は、2番人気 ペプチドサプル(牝3)。



チェッキーノアッラサルーテの上位2頭が桜花賞への優先出走権を獲得。



1番人気 メイショウタチマチ(牝3)は、6着でした。



アネモネステークス 結果】16頭 中山 芝1600m 良


1着 チェッキーノ  柴山雄一 1.35.5
2着 アッラサルーテ 石橋脩  1.35.7
3着 ペプチドサプル 古川吉洋 1.35.7


3連複は60640円、3連単は479610円でした。



チェッキーノ 血統】  (牝3)


父  キングカメハメハ
母  ハッピーパス
母父 サンデーサイレンス


調教師  :藤沢和雄(美浦)


馬主  :サンデーレーシング


生産者  :ノーザンファーム


通算成績:3戦2勝



全兄コディーノは重賞を2勝し、2012年の朝日杯フューチュリティステークスを2着、2013年の皐月賞を3着。


伯母は、名牝 シンコウラブリイ



チェッキーノ」の馬名意味は、イタリア語で「射撃の達人」です。



チェッキーノ(ハッピーパスの2013)は、愛馬会法人サンデーサラブレッドクラブ」の1口馬主の会員募集で、1口出資額100万円×40口 募集総額4000万円で募集されました。




チェッキーノ次走は桜花賞です。



ハッピーパスは、桜花賞4着でした。


母が果たせなかった桜花賞を制覇出来るか?



桜花賞も楽しみですね!