メイショウタチマチ 血統【アネモネステークス 出走】」の記事を紹介します。


3月12日(土)に、桜花賞トライアルアネモネステークス(中山、オープン、芝1600m)が行われます。


2着馬までに、桜花賞優先出走権が与えられます。



出走馬のメイショウタチマチ(牝3)は、前走のセントポーリア賞で、2番人気で2着でした。



メイショウタチマチの血統がちょっと気になったので、調べてみました



メイショウタチマチ 血統】  (牝3)


父  スペシャルウィーク
母  サーリセルカ
母父 ウォーエンブレム


Northern Dancer 9.38% 5×4 のクロスが発生。



調教師 :河内洋(栗東)


馬主  :松本好雄


生産者 :富田牧場


通算成績:3戦1勝



近親に、2002年のオークス 2着馬のチャペルコンサートがいる血統。



馬主は、「メイショウ」の冠名でおなじみの松本好雄(まつもとよしお)さんです。



メイショウタチマチ」の馬名意味は、「冠名+立ち待ち、十七夜」です。




メイショウタチマチは、福寿草特別ロイカバードの2着、セントポーリア賞ではサトノキングダムの2着と牡馬相手に惜しい競馬が続いてます。

牝馬相手なら一枚上か。


ここは勝って桜花賞に向かいたいですね。



アネモネステークス楽しみですね!