ティールグリーンデビュー戦 結果」の記事を紹介します。



今日3月5日(土)に、中山4R 3歳新馬戦(ダ1200m)が行われました。



先日取り上げました、 C.ルメール騎手騎乗の1番人気で、マル外ティールグリーン(牝3)は、見事デビュー戦で勝利しました。



ティールグリーンは2番手追走、直線でロマンティックサン(牡3)との一騎討ちを制し、2馬身差の完勝。


勝ちタイムは1分12秒7。


【ティールグリーン 関連記事】
【ティールグリーン】3月5日 デビュー決定



2着は、6番人気 ロマンティックサン


3着は、8番人気 オートシャンティ (牡3)。



2番人気 グルーヴィー(牡3)は、7着。


3番人気 ミッキーオフィサー(牝3)は、4着でした。




ティールグリーン 血統】(牝3)


父  Scat Daddy
母  Lightning Pace
母父 Regal Classic


調教師  :加藤征弘(美浦)


馬主    :吉田和美


生産者  :RFHF Mares Rule(米)


通算戦績:1戦1勝



従姉に、2002年のダッチェスステークス(カナダ、GⅢ、ダ7F)の優勝馬 Mulrainy(ムレイニー)がいる血統。



Scat Daddy(スキャットダディ)は、2006年のシャンペンステークス、2007年のフロリダダービー 優勝馬。


Scat Daddy(スキャットダディ)は、ヨハネスブルグ直仔


Scat Daddy(スキャットダディ)産駒の現3歳世代は、ゴルゴバローズスキャットエディチェストケリリーマディディ、このティールグリーンと、血統登録している5頭全て勝ち上がりました。



馬主は、社台グループ吉田3兄弟の次男でノーザンファーム代表吉田勝己さんの妻 吉田和美(よしだかずみ)さんです。


ティールグリーン」の馬名意味は、「鴨の羽色」です。



ティールグリーン次走はどのレースですかね?


次走も楽しみですね!