クロコスミア 血統【チューリップ賞 出走】」の記事を紹介します。



3月5日(土)に、桜花賞トライアルの第23回チューリップ賞(阪神、GⅢ、芝1600m)が行われます。


3着馬までに、桜花賞優先出走権が与えられます。



登録馬のクロコスミア(牝3)は、、前走の阪神ジュベナイルフィリーズで、7番人気で8着でした。



クロコスミアの血統がちょっと気になったので、調べてみました



クロコスミア 血統】(牝3)

父  ステイゴールド
母  デヴェロッペ
母父 ボストンハーバー


Northern Dancer 9.38% 5×5×5 のクロスが発生。



調教師   :西浦勝一(栗東)


馬主     :大塚亮一


生産者  :小島牧場


通算成績:8戦2勝



近親に、名馬Cape Cross(ケープクロス)がいる血統。


馬主は、「大塚総合税理士法人」代表の大塚亮一(おおつかりょういち)さん。



クロコスミア」の馬名意味は、「花の名。花言葉は気品ある精神」です。



クロコスミアは、重賞では3着、3着、8着と結果を出せていません。


ここはメンバーが揃いましたが、そろそろ結果が欲しいですね。


約3ヶ月ぶりのレースになりますが、ここは重賞初制覇で、桜花賞に向かいたいですね。



チューリップ賞
楽しみですね!