【2016年 3歳馬ランキング】 牝馬編 2月度」の記事を紹介します。



2月も明日で終わり、クラシック開幕まであと約40日です。


牝馬クラシック 第1弾 桜花賞は、4月10日(日)に行われます。



2月28日時点での、私が勝手に牝馬ランキングをしてみました。


牝馬も大分情勢が変わってきました。




3歳牝馬 ランキング】


1位 メジャーエンブレム     (父ダイワメジャー)
2位 ジュエラー            (父ヴィクトワールピサ)
3位 レッドアヴァンセ          (父ディープインパクト)
4位 シンハライト            (父ディープインパクト)
5位 ブランボヌール         (父ディープインパクト)
6位 アットザシーサイド      (父キングカメハメハ)
7位 ウインファビラス         (父ステイゴールド)
8位 デンコウアンジュ        (父メイショウサムソン)
9位 キャンディバローズ      (父ディープインパクト)
10位 エルビッシュ              (父キングカメハメハ)


ピンク字阪神ジュベナイルフィリーズ出走馬





まず、クイーンカップ5馬身差の圧勝劇を演じた、2歳女王 メジャーエンブレムですが、オークスは別にして、桜花賞最有力候補ですかね。

ジュエラーと入れ替わり、ランクは1位に返り咲き。


ジュエラーチューリップ賞を見てからでないと確定はできませんが。



同じクイーンカップで惨敗した、ルフォールビービーバーレルランク外へ。



3位は、エルフィンステークスで強烈な勝ち方のレッドアヴァンセが、いきなりランクイン



10位に、エルビッシュ(白梅賞 1着)がランクイン。


2月にレースのなかったシンハライトブランボヌールアットザシーサイドウインファビラスデンコウアンジュキャンディバローズはそのままランクイン


次点にヴィブロス(1勝馬、ヴィルシーナの全妹)。



牝馬の有力馬は大体が休養中で、3月のトライアルが終わるまでは、順位付けが難しいですね。



そして、3月は桜花賞トライアルの、チューリップ賞アネモネステークスフィリーズレビューと、桜花賞への最終便のフラワーカップが行われます。



チューリップ賞には、休養明けで阪神ジュベナイルフィリーズ組が多数出走予定。



その中でも、2着のウインファビラス、3着のブランボヌールの上位組が出走予定。


あと、レッドアヴァンセ(エルフィンステークス 1着)、ジュエラー(シンザン記念 2着)、シンハライト(紅梅ステークス 1着)、ヴィブロスエルビッシュなどが出走予定で、私のランキングの大体の馬が出走します。



アネモネステークスには、メジャータイフーン(エルフィンステークス 9着)、エクラミレネール(菜の花賞 1着)、メイショウタチマチ(セントポーリア賞 2着)などが出走予定ですが、ここはメンバーが薄いですね。



フィリーズレビューには、アットザシーサイド(阪神ジュベナイルフィリーズ 5着)、キャンディバローズ(阪神ジュベナイルフィリーズ 9着)などが出走予定。



フラワーカップには、ペルソナリテ(クイーンカップ 10着)などが出走予定




残念なニュースがあります。

良血馬ワントゥワン(エルフィンステークス 3着)が右膝を骨折

手術をするそうで、全治に半年は掛かるそうです。




牝馬は、上位2頭以外はまだまだ混戦模様ですね。


3月で牝馬は一気にランキングが変わり、序列も決まります。


果たして、メジャーエンブレムジュエラーを負かすような馬は出てくるでしょうか。



また、3月末辺りにランキングしてみたいと思います。

 

【関連記事】
【2016年 3歳馬ランキング】 牡馬編 2月度