エアスピネル 血統【弥生賞 出走】」の記事を紹介します。



3月6日(日)に、皐月賞トライアル第53回報知杯弥生賞(中山、GⅡ、芝2000m)が行われます。


登録馬のエアスピネルは、前走の朝日杯フューチュリティステークスで、1番人気でリオンディーズの2着に負けました。



エアスピネルの血統がちょっと気になったので、調べてみました



エアスピネル 血統】(牡3)


父  キングカメハメハ
母  エアメサイア
母父 サンデーサイレンス


Northern Dancer 12.50% 5×5×4 のクロスが発生。



調教師  :笹田和秀(栗東)


馬主    :ラッキーフィールド 


生産者  :社台ファーム


通算成績:3戦2勝



エアメサイアは、2005年の秋華賞馬


祖母にエアデジャヴー、伯父にエアシェイディの重賞馬がいるエア一族の血統。



馬主は、「エア」の冠名でおなじみの吉原毎文(よしはらつねぶみ)さんです。


馬主名義は株式会社ラッキーフィールド



エアスピネル」の馬名意味は、「冠名+タイに伝わる伝説の竜の形をした馬」です。



エアスピネルは、前走の朝日杯フューチュリティステークスで、わずか3/4馬身差リオンディーズに屈しました。



今回心配なのは、約3ヶ月ぶりのレースということと、今までマイルしか走っていなく2000mが初距離ということですね。



弥生賞には、リオンディーズマカヒキのライバルも出走します。


リオンディーズには朝日杯フューチュリティステークスの雪辱を果たせるか。



弥生賞楽しみですね!