アーバンキッド 血統【アーリントンカップ 出走】」の記事を紹介します。



2月27日(土)に、第25回アーリントンカップ(阪神、GⅢ、芝1600m)が行われます。



出走馬のアーバンキッドは、前走のジュニアカップで、1番人気で今回出走の ダンツプリウスの2着でした。



アーバンキッドの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



アーバンキッド 血統】(牡3)


父  ハーツクライ
母  コックニー
母父 Swain


Northern Dancer 9.38% 5×4 のクロスが発生。



調教師 :斎藤誠(美浦)


馬主  :有限会社 サンデーレーシング


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:3戦1勝



叔父に、2008年のセントライト記念 優勝馬のダイワワイルドボアがいる血統。



アーバンキッド」の馬名意味は、「都会っ子」です。



クラブ法人(馬主)の「サンデーレーシング」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「サンデーサラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】黒、赤十字襷、袖黄縦縞



アーバンキッド(コックニーの2013)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :60万円
総口数  :40口 
募集総額 :2400万円




アーバンキッドは、3戦して、1着1回、2着2回とまだ連を外していません。


厳しく言えば、2着2回ともハナ差負けで勝負弱いですね。


ただこういう馬は、どんな相手でもそれなりに走ります。



勝負弱さから脱却してここは重賞初制覇といきたいですね。


アーリントンカップ楽しみですね!