ボールライトニング 血統【アーリントンカップ 出走】」の記事を紹介します。



2月27日(土)に、第25回アーリントンカップ(阪神、GⅢ、芝1600m)が行われます。



登録馬のボールライトニングは、前走の朝日杯フューチュリティステークスで、4番人気で11着に負けました。



ボールライトニングの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ボールライトニング 血統】(牡3)


父  ダイワメジャー
母  デフィニット
母父 Dehere


Northern Dancer  12.50%  4×5×5のクロスが発生。



調教師 :宮本博(栗東)


馬主  :グリーンファーム


生産者 :恵比寿興業株式会社那須野牧場


通算成績:3戦2勝



半姉デグラーティア(父フジキセキ)は、2008年の小倉2歳ステークス 優勝馬。



ボールライトニング」の馬名意味は、「火の玉」です。



クラブ法人(馬主)の「グリーンファーム」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人
は、「グリーンファーム愛馬会」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】緑、黒三本輪



ボールライトニング(デフィニットの2013)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :7.5万円
総口数  :200口 
募集総額 :1500万円




ボールライトニングは、朝日杯フューチュリティステークスでは、1600mの距離が長かったことが敗因の1つだといわれています。

ここは試金石になりますね。



今回は福永祐一騎手と新コンビを組むそうです。


ここは重賞2勝目を挙げ、マイル路線に進みたいですね!



アーリントンカップ楽しみですね!