ウキヨノカゼ 血統【京都牝馬ステークス 出走】」の記事を紹介します。



2月20日(土)に、第51回京都牝馬ステークス(京都、GⅢ、4歳以上、芝1400m)が行われます。



登録馬のウキヨノカゼ(牝6)は、前走のスプリンターズステークスで、9番人気で3着に入りました。



ウキヨノカゼの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ウキヨノカゼ 血統】(牝6)


父  オンファイア
母  アドマイヤダッシュ
母父 フサイチコンコルド


Northern Dancer 9.38% 5×5×5 のクロスが発生。



調教師 :菊沢隆徳(美浦)


馬主  :國分純


生産者 :ファニーフレンズファーム


通算成績:10戦4勝



叔父に、2014年の名古屋大賞典 優勝馬のダノンカモン、叔母に、2012年の阪神牝馬ステークス 優勝馬のクィーンズバーンがいる血統。



馬主は、北海道北見市(2施設)、網走市美幌町の4施設で皮膚科の病院を経営している「医療法人社団 美久会(びきゅうかい)」の理事長 國分純(こくぶじゅん)さん。

國分純(こくぶじゅん)さんは、ドコフクカゼ馬主としても有名ですね。



ウキヨノカゼ」の馬名意味は、「浮世の風」です。




ウキヨノカゼは、久々なのがちょっと気になりますね。


あと、1400m戦は勝っていなく、ここ3戦1200mを走っていますので、その辺がどのように影響するか。


果たして重賞3勝目となるか。


京都牝馬ステークス楽しみですね!