フェイムゲーム 血統【ダイヤモンドステークス 出走】」の記事を紹介します。


2月20日(土)に、第66回ダイヤモンドステークス(東京、GⅢ、4歳以上、芝3400m)が行われます。



登録馬のフェイムゲーム(牡6)は、2014年、2015年のダイヤモンドステークスを連勝中です。



フェイムゲームの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



フェイムゲーム 血統】(牡6)


父  ハーツクライ
母  ホールオブフェーム 
母父 アレミロード


Northern Dancer 6.25% 5×5 のクロスが発生。



調教師 :宗像義忠(美浦)


馬主  :有限会社 サンデーレーシング


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:18戦5勝



半兄に、重賞7勝バランスオブゲーム(父フサイチコンコルド)がいる血統。


祖母の全兄は、名馬 サッカーボーイ



クラブ法人(馬主)の「サンデーレーシング」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「サンデーサラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



フェイムゲーム」の馬名意味は、「殿堂入りが決まった選手のセレモニーに開催されるNFLの試合より」です。



【勝負服色】黒、赤十字襷、袖黄縦縞



フェイムゲーム(ホールオブフェームの2010)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :90万円
総口数  :40口 
募集総額 :3600万円




フェイムゲームは、昨秋はオーストラリアに遠征しましたが、6着、13着と結果を出せませんでした。


今回は、得意の長丁場で、ダイヤモンドステークス3連覇が掛かっています。


3ヶ月ぶりのレースで、ハンデも58.5㎏ですが、重賞5勝目となるか。



ダイヤモンドステークス楽しみですね!