スーサンジョイ 血統【フェブラリーステークス 出走】」の記事を紹介します。



2月21日(日)に、第33回フェブラリーステークス(東京、G1、4歳以上、ダ1600m)が行われます。



登録馬のスーサンジョイ(牡4)は、1000万下、1600万下、オープンを2勝と、現在4連勝中



スーサンジョイの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



スーサンジョイ 血統】(牡4)


父  エンパイアメーカー
母  グランジョイ
母父 ダンスインザダーク


Mr. Prospector   12.50% 4×4
Northern Dancer  9.38% 4×5
In Reality          9.38% 5×4
Nijinsky           9.38% 4×5


のクロスが発生。



調教師 岩元市三(栗東)


馬主  :林千枝子


生産者 :細道牧場


通算成績:12戦6勝



伯母に、2005年のJBCクラシック 3着のレイナワルツがいる血統。



馬主は、岸和田グランドホールの会長で同じく馬主の林進(はやしすすむ)さんの妹の林千枝子(はやしちえこ)さんです。



スーサンジョイ」の馬名意味は、「馬主の愛称+母名の一部」です。




スーサンジョイは、ダート戦で11戦9連対と、安定した成績を残しています。


しかし、今回はメンバーが今までとは違います。


そして、東京コースは初めてで、左回りも初経験になります。



重賞G1初挑戦になりますが、果たして結果を残せるでしょうか。


フェブラリーステークス楽しみですね!