ホワイトフーガ 血統【フェブラリーステークス 出走】」の記事を紹介します。



2月21日(日)に、第33回フェブラリーステークス(東京、G1、4歳以上、ダ1600m)が行われます。



登録馬のホワイトフーガ(牝4)は、JBCレディスクラシック競走TCK女王盃競走牝馬限定交流重賞連勝中



ホワイトフーガの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ホワイトフーガ 血統】(牝4)


父  クロフネ
母  マリーンウィナー
母父 フジキセキ


Halo              9.38% 4×5
Northern Dancer 6.25% 5×5


のクロスが発生。



調教師 :高木登(美浦)


馬主  :西森鶴


生産者 :梅田牧場


通算成績:11戦6勝



この母系は遡ると名牝Glorious Song(グローリアスソング)に辿り着き、シングスピールラーイダノンシャンティなどの名馬を輩出している名牝系です。



馬主は、高知県にある株式会社西森建設の社長 西森鶴(にしもりつる )さんです。


最近は、「ニシケン」の冠名を使用しています。



ホワイトフーガ」の馬名意味は、「芦毛より+遁走曲」です。




ホワイトフーガは、前々走のJBCレディスクラシック競走で、後のチャンピオンズカップ 優勝馬のサンビスタ5馬身差をつけ圧勝。

サンビスタを物差しにすれば、フェブラリーステークスをあっさり勝ってもおかしくないですね。


重賞連勝中の勢いで、G1初制覇出来るか。

フェブラリーステークス楽しみですね!