モーニン 血統【フェブラリーステークス 出走】」の記事を紹介します。



2月21日(日)に、第33回フェブラリーステークス(東京、G1、4歳以上、ダ1600m)が行われます。



登録馬のモーニン(牡4)は、前走の根岸ステークスで、3番手から抜け出す横綱相撲で、1番人気で見事優勝しました。



モーニンの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



モーニン 血統】(牡4)


父  Henny Hughes(ヘニーヒューズ )
母  Giggly
母父 Distorted Humor(ディストーテッドヒューマー)


Mr. Prospector    9.38% 4×5
Northern Dancer  6.25% 5×5
Raise a Native     6.25% 5×5


のクロスが発生。



調教師 :石坂正(栗東)


馬主  :馬場幸夫


生産者 :Empire Equines, LLC(米)


通算成績:6戦5勝



Henny Hughes(ヘニーヒューズ)は、ダート短距離G1 2勝


日本では、2013年の朝日杯フューチュリティステークスの優勝馬 アジアエクスプレスの父として有名ですね。



母父Distorted Humor(ディストーティドヒューマー)は、2003年のケンタッキーダービープリークネスステークスの米2冠馬のファニーサイド (Funny Cide)などを輩出。



馬主は、広島県広島市安佐南区(あさみなみく)にある、「馬場眼科」の院長の馬場幸夫(ばばゆきお)さんです。


馬場幸夫さんは、ベストウォーリアと2頭出しになります。



モーニン馬名意味は、「ジャズの曲名」です。




モーニンは、デビューから無傷の4連勝で挑んだ前々走の重賞初挑戦武蔵野ステークスで、1番人気でノンコノユメが優勝の3着に敗れました。

雪辱を期した前走の根岸ステークスでは、東京ダート1400mのレコードタイムに0.1秒差で、見事重賞初制



まだ底を見せておらず、今年は世代交代を成し遂げることが出来るか?


フェブラリーステークス楽しみですね!