ノンコノユメ 血統【フェブラリーステークス 出走】」の記事を紹介します。



2月21日(日)に、第33回フェブラリーステークス(東京、G1、4歳以上、ダ1600m)が行われます。



登録馬のノンコノユメ(牡4)は、4連勝で挑んだ前走のチャンピオンズカップで、後方2番手から追い込み、3番人気で2着に入りました。



ノンコノユメの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ノンコノユメ 血統】(牡4)


父  トワイニング
母  ノンコ
母父 アグネスタキオン


Raise a Native 9.38% 4×5  のクロスが発生。



調教師 :加藤征弘(美浦)


馬主  :山田和正


生産者 :社台ファーム


通算成績:10戦6勝



近親に、2005年の有馬記念、2006年のドバイシーマクラシック優勝馬のハーツクライがいる血統。



馬主は、スポーツ事業(スポーツクラブ、ゴルフ練習場)、石油事業(ガソリンスタンド)、レストラン事業を営む、株式会社ライフ白銅 代表取締役会長山田和正(やまだかずまさ)さんです。



ノンコノユメ」の馬名意味は、「ノンコの夢。母名より連想」です。


ノンコ
は、山田和正さんの愛娘の愛称です。




ノンコノユメは、勝ち鞍の6勝中4勝東京コース(ダート、1600m)。


そして、東京コース(ダート、1600m)は、5戦4勝


並みの上がりタイムを持っていて、まさに、東京の鬼といっても過言ではないですね。



今年は世代交代が実現するか?


フェブラリーステークス楽しみですね!