キングオブアームズ 血統【共同通信杯 出走】」の記事を紹介します。



2月14日(日)に、第50回共同通信杯(東京、GⅢ、芝1800m)が行われます。



登録馬のキングオブアームズは、3戦目の未勝利戦で、1番人気に応えようやく勝ち上がりました。



キングオブアームズの血統がちょっと気になったので、調べてみました



キングオブアームズ 血統】(牡3)


父  ディープインパクト
母  アーマイン
母父 Exchange Rate


Northern Dancer 9.38% 5×4 のクロスが発生。



調教師  :藤沢和雄(美浦)


馬主    :窪田芳郎


生産者  :ノーザンファーム


通算成績:3戦1勝


アーマイン(Ermine)は、2007年のアップルブラッサムH(米、G1) 優勝馬。



馬主の窪田芳郎(くぼたよしろう)さんは、AKB48の運営管理会社 株式会社AKS元代表取締役社長 窪田康志(くぼたやすし)さんの父。



キングオブアームズ(アーマインの2013)は、2013年の「セレクトセール2013当歳馬セールにて、窪田芳郎さんが9400万円(税抜)で落札。



キングオブアームズ」の馬名意味は、「上級紋章官。母アーマインと全兄コートオブアームズの名より連想」です。



 

キングオブアームズは、デビュー前は、藤沢和雄調教師がベタ褒めしていた逸材です。


勝ち上がるのに3戦要しましたが、ここから反撃の狼煙を上げたいですね。



メンバーが一気に強化されましたが、重賞初制覇となるか。



共同通信杯楽しみですね!