トーセンスターダム 血統【東京新聞杯 出走】」の記事を紹介します。



2月7日(日)に、第66回東京新聞杯(東京、GⅢ、4歳以上、芝1600m)が行われます。



出走馬のトーセンスターダム(牡5)は、前走の京都金杯で、1番人気で10着に負けました。



トーセンスターダムの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



トーセンスターダム 血統】(牡5)


父  ディープインパクト
母  アドマイヤキラメキ
母父 エンドスウィープ


Northern Dancer   12.50% 5×5×4
Mr. Prospector         9.38% 4×5


のクロスが発生。



調教師 :池江泰寿(栗東)


馬主  :島川隆哉


生産者 :ノーザンファーム


通算成績:15戦5勝



伯父に、2011年の天皇賞(秋) 優勝馬のトーセンジョーダンがいる血統。


近親には、G1 2勝カンパニーがいます。



馬主は、「トーセン」の冠名でおなじみの、島川隆哉(しまかわたかや)さんです。



トーセンスターダム(アドマイヤキラメキの2011) は、2012年の「セレクトセール20121歳馬セリにて、島川隆哉さんが1歳馬セリ最高額の2億5000万円(税抜)で落札。



トーセンスターダム」の馬名意味は、「冠名+スターの座」です。




トーセンスターダムは、2走前のマイルチャンピオンシップで、モーリスから0.5秒差の7着でした。


マイル3戦目になりますが、F.ベリー騎手ですし、この実績ならあっさり勝ってもおかしくないですね。


2014年12月のチャレンジカップ以来の重賞制覇となるか。



東京新聞杯
楽しみですね!