エルフィンコーブエルフィンステークス 出走」の記事を紹介します。



2月6日(土)、京都10R エルフィンステークス(オープン、芝1600m)に、マル外エルフィンコーブ(牝3)が出走します。



登録馬のエルフィンコーブ(牝3)は、前走の500万下(ダ1200m)のレースで、2番人気で4馬身差の圧勝。



鞍上は、松山弘平騎手です。



エルフィンコーブ 血統】(牝3)


父  Adios Charlie(アディオスチャーリー)
母  Siren Cove
母父 Montbrook(モントブルック)


調教師 :池添学(栗東)


馬主  :吉田和子


生産者 :John David O Farrell & J. Michael O Farrell, Jr.(米)


通算戦績:2戦2勝



エルフィンコーブは、父Adios Charlie(アディオスチャーリー)の初年度産駒になります。


Adios Charlie
(アディオスチャーリー)産駒は、日本ではまだエルフィンコーブしか出走していません。



馬主は、社台ファーム創業者の故・吉田善哉(よしだぜんや)さんの妻 吉田和(よしだかずこ)さんです。



エルフィンコーブ(Siren Coveの2013) は、「OBS 2015マーチセール」で、Narvick Internationalが67.5万ドルで落札。


エルフィンコーブ」の馬名意味は、「アラスカ州の地名」です。



エルフィンコーブは、デビューからダート1200m戦を2戦2勝


Adios Charlie(アディオスチャーリー)、母父Montbrook(モントブルック)もダートで活躍した血統。


果たしては吉と出るか、試金石になります。



エルフィンコーブは、ここを勝って、クラシック芝路線に進むか。



エルフィンステークス
楽しみですね!