ワントゥワン【母 ワンカラット】エルフィンステークス 出走」の記事を紹介します。



2月6日(土)、京都10R エルフィンステークス(オープン、芝1600m)に母がワンカラットワントゥワン(牝3)が出走します。



登録馬のワントゥワン(牝3)は、前走の紅梅ステークスで、2番人気で2着でした。



鞍上は、 岩田康誠騎手です。



ワントゥワン 血統】(牝3)


父  ディープインパクト
母  ワンカラット
母父 Falbrav


調教師 :藤岡健一(栗東)


馬主  :青山洋一


生産者 :社台ファーム


通算成績:4戦1勝



ワンカラットは、短距離重賞 4勝


祖母バルドウィナは、2001年のペネロープ賞(仏、GⅢ)  優勝馬。

Falbrav(ファルブラヴ)は、2002年のジャパンカップを含むG1 8勝



馬主は、株式会社エム・エイチ・グループ元取締役会長 青山洋一(あおやまよういち)さんです。



ワントゥワン」の馬名意味は、「一番から一番へ」です。



ワントゥワンは、前走の紅梅ステークスで、直線でメンバー最速の上がり3ハロン33.5秒の末脚で追い上げましたが、シンハライトハナ差届きませんでした。



ここは1番人気になると思いますが、勝ってクラシック戦線に名乗りを上げたいですね。



エルフィンステークス楽しみですね!