2016年 セントポーリア賞 結果」の記事を紹介します。



今日1月31日(日)に、東京9R セントポーリア賞(500万円下、芝1800m)が行われました。



勝ったのは、戸崎圭太騎手騎乗の1番人気 サトノキングダム(牡3)。



サトノキングダム
は中団追走、直線でメンバー最速の上がり3ハロン33.5秒の末脚で差し切り優勝。


勝ちタイムは、1分47秒3。



サトノキングダムは、これでデビューから無傷の2連勝。


着差は1/2馬身でしたが、強い内容でした。



ちなみに、サトノキングダムは、私のPOG指名馬です。


【POG 関連記事】
POG 2015-2016 指名馬【牡馬編】


2着は、2番人気 メイショウタチマチ(牝3)。


3着は、4番人気 ジュンヴァルカン(牡3)。



3番人気 ラグルーラ(牡3)は、4着でした。



セントポーリア賞 結果】11頭 東京 芝1800m 良


1着 サトノキングダム  戸崎圭太 1.47.3
2着 メイショウタチマチ 田辺裕信 1.47.4
3着 ジュンヴァルカン  F.ベリー 1.47.6


3連複は1210円、3連単は、4890円でした。





サトノキングダム 血統】(牡3)


父  ディープインパクト
母  ダリシア
母父 Acatenango


調教師  :国枝栄(美浦)


馬主    :里見治


生産者  :社台ファーム


通算戦績:2戦2勝


Leroidesanimaux(ルロワデザニモー)産駒の、半兄アニマルキングダム(Animal Kingdom)は、2011年のケンタッキーダービー、2013年のドバイワールドカップ 優勝馬。


ダリシアは、母系にDの頭文字がずらりと並ぶ、Dラインドイツ血脈(血統)です。


父ディープインパクト×母父Acatenango(アカテナンゴ)」の血統配合は、引退したワールドエースと同じですね。



馬主は、「サトノ」の冠名でおなじみの里見治(さとみはじめ)さんです。



サトノキングダム」の馬名意味は、「冠名+王国」です。




それにしても、今年の3歳牡馬クラシック群雄割拠ですね。


サトノキングダム次走は、3月20日(日)のスプリングステークス(中山、3歳、GⅡ、芝1800m)あたりですかね。


次走も楽しみですね!