クードラパン 血統【フェアリーステークス 出走】」の記事を紹介します。



1月11日(月)に、第32回フェアリーステークス(中山、GⅢ、3歳牝馬、芝1600m)が行われます。



登録馬のクードラパンは、前走の阪神ジュベナイルフィリーズで、13着と惨敗しました。



クードラパンの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



クードラパン 血統】(牝3)


父  ダイワメジャー
母  ルシルク
母父 Dynaformer


Hail to Reason 12.50% 4×4 のクロスが発生。



調教師  :久保田貴士(美浦)


馬主    :有限会社 シルクレーシング


生産者  :ノーザンファーム


通算成績:4戦2勝



半兄に、今年2015年のニュージーランドトロフィー 2着馬のグランシルク(父ステイゴールド)がいる血統。



クードラパン」の馬名意味は、フランス語で「ウサギの尻尾」です。



クラブ法人(馬主)の「シルクレーシング」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人
は、「シルクホースクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】水色、赤玉霰、袖赤一本輪



クードラパン(ルシルクの2013) 1口馬主 募集価格】
1口出資額 :3.6万円
総口数  :500口 
募集総額 :1800万円




クードラパンは、フェアリーステークス出走馬で唯一の2勝馬です。


そして、フェアリーステークスと同コース、同距離の前々走のサフラン賞を勝っていて、このメンバーでは人気が出ますね。



フェアリーステークス楽しみですね!