【2016年 中山金杯】 予想」の記事を紹介します。



1月5日(火)に、第65回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ、4歳以上、中山、芝2000m)が行われます。



予想ですが、3連複で1頭軸から流します。


1頭軸
フルーキー



相手
ヤマカツエース 
ネオリアリズム
ベルーフ
ブライトエンブレム
ライズトゥフェイム



フルーキーは、前走のチャレンジカップで初重賞制覇。


今回心配なのは、初の2000m戦。


果たして、距離延長が吉と出るか。



相手は、ヤマカツエース


前走の福島記念で重賞2勝目を挙げました。


距離で言えば、フルーキーよりヤマカツエースの方が向いていて、逆転があってもおかしくありません。



この2頭の逆転候補がネオリアリズム

前走の準オープン ウェルカムステークスを勝ちオープン入りしたばかりですが、上がり3ハロン33秒台の末脚は驚異。

ただし、中山は2戦2敗で、東京向きか。



あとは、そんなに差はないと思います。



しかし、毎年悩まされるレースですね・・・。