ツーエムレジェンド 血統【シンザン記念 出走】」の記事を紹介します。



1月10日(日)に、第50回日刊スポーツ賞シンザン記念(京都、GⅢ、3歳、芝1600m)が行われます。



登録馬のツーエムレジェンドは、前走の朝日杯フューチュリティステークスで、13番人気で6着に入りました。



ツーエムレジェンドの血統がちょっと気になったので、調べてみました



ツーエムレジェンド 血統】(牡3)


父  フレンチデピュティ
母  プリンセスイブ
母父 バブルガムフェロー


Northern Dancer 9.38% 4×5 のクロスが発生。



調教師 :池添兼雄(栗東)


馬主  :水谷昌晃


生産者 :岡田牧場


通算成績:3戦1勝



近親に、ファレノプシスキズナビワハヤヒデナリタブライアンなどのG1馬がいる血統。



馬主は、「ツーエム」の冠名でおなじみの、水谷昌晃(みずたにまさてる)さんです。



ツーエムレジェンド(プリンセスイブの2013)は、2014年の「北海道サマーセール」1歳馬セリにて、水谷昌晃さんが580万円(税抜)で落札。



ツーエムレジェンド」の馬名意味は、「冠名+伝説」です。




ツーエムレジェンドは、前走の朝日杯フューチュリティステークスで、直線でメンバー中4番目に速い上がり3ハロン34.4秒の末脚で、人気を大きく上回る6着に入りました。


1勝馬ですので、クラシック出走確実にする為にも賞金を上乗せしておきたいですね。



シンザン記念楽しみですね!