タガノエスプレッソ 血統【京都金杯 出走】」の記事を紹介します。



1月5日(火)に、第54回スポーツニッポン賞京都金杯(京都、GⅢ、4歳以上、芝1600m)が行われます。

登録馬のタガノエスプレッソは、前走の菊花賞で、18番人気で13着でした。



タガノエスプレッソの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



タガノエスプレッソ 血統】(牡4)※明け年齢


父  ブラックタイド
母  タガノレヴェントン 
母父 キングカメハメハ


Nureyev          9.38% 5×4
Northern Dancer 6.25% 5×5


のクロスが発生。



調教師 :五十嵐忠男(栗東)


馬主  :八木良司


生産者 :有限会社新冠タガノファーム


通算成績:10戦2勝



半兄タガノトネールは、2015年のサマーチャンピオン 優勝馬。



馬主は、「タガノ」の冠名でおなじみの八木良司(やぎりょうじ)さんです。



タガノエスプレッソ」の馬名意味は、「冠名+急行(伊)」です。




タガノエスプレッソは、3歳時はクラシックに挑戦しましたが、残念ながら惨敗続きでした。



タガノエスプレッソの勝ち鞍の2勝全てマイル戦で、そのうち1勝は重賞です。


適鞍のマイル戦なら、巻き返せれるのではないか。



しかも、ハンデは54㎏でチャンス。


京都金杯
で重賞2勝目といきたいですね。



京都金杯楽しみですね!