ライズトゥフェイム 血統【中山金杯 出走】」の記事を紹介します。



1月5日(火)に、第65回日刊スポーツ賞中山金杯(中山、GⅢ、4歳以上、芝2000m)が行われます。



登録馬のライズトゥフェイムは、オープン初挑戦の前走のアイルランドトロフィーで、7番人気で、2着に入りました。



ライズトゥフェイムの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ライズトゥフェイム 血統】(牡6)※明け年齢


父  ゼンノロブロイ
母  バラファミー
母父 Barathea


5代目までに生じたクロスはなく、アウトブリードです。



調教師 :加藤征弘(美浦)


馬主  :有限会社 シルクレーシング


生産者 :(有)社台コーポレーション白老ファーム


通算成績:20戦5勝



祖母Infamy(インファミー)は、1988年のロスマンズ国際ステークス 優勝馬



ライズトゥフェイム」の馬名意味は、「名声をあげる」です。



クラブ法人(馬主)の「シルクレーシング」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人
は、「シルクホースクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】水色、赤玉霰、袖赤一本輪



ライズトゥフェイム(バラファミーの2010) 1口馬主 募集価格】
1口出資額 :3万円
総口数  :500口 
募集総額 :1500万円




ライズトゥフェイムは、5勝の勝ち鞍全て中山で勝っている中山巧者


オープン入りして2戦目ですが、56㎏のハンデはちょっと見込まれた感じですね。



今の勢いで重賞初制覇といきたいですね。


中山金杯楽しみですね!