ベルーフ 血統【中山金杯 出走】」の記事を紹介します。



1月5日(火)に、第65回日刊スポーツ賞中山金杯(中山、GⅢ、4歳以上、芝2000m)が行われます。



登録馬のベルーフは、前走の金鯱賞で、3番人気で、6着に敗れました。



ベルーフの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ベルーフ 血統】(牡4) ※明け年齢


父  ハービンジャー
母  レクレドール
母父 サンデーサイレンス


Northern Dancer 9.38% 5×5×5 のクロスが発生。



調教師 :池江泰寿(栗東)


馬主  :有限会社 サンデーレーシング


生産者 :(有)社台コーポレーション白老ファーム


通算成績:10戦3勝



レクレドールは、2004年のローズステークス、2005年のクイーンステークス 優勝馬。


伯父に、名種牡馬 ステイゴールドがいる血統。

曽祖母のダイナサッシュに遡る母系は、名馬サッカーボーイなどを輩出した素晴らしい名牝系です。



ベルーフ」の馬名意味は、ドイツ語で「召命、使命」。



クラブ法人(馬主)の「サンデーレーシング」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人
は、「サンデーサラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】黒、赤十字襷、袖黄縦縞



ベルーフ(レクレドールの2012)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :100万円
総口数  :40口 
募集総額 :4000万円




ベルーフは、中山金杯と同コース、同距離の今年2015年1月の京成杯を勝っています。


勝ち鞍3勝全て2000mで、8月の小倉記念でも古馬相手に2着に来ています。


ここは、京成杯以来の重賞制覇といきたいですね。



中山金杯楽しみですね!