ヤマカツエース 血統【中山金杯 出走】」の記事を紹介します。



1月5日(火)に、第65回日刊スポーツ賞中山金杯(中山、GⅢ、4歳以上、芝2000m)が行われます。



登録馬のヤマカツエースは、前走の福島記念で、4月のニュージーランドトロフィー以来7ヶ月ぶりの重賞2勝目を挙げました。


ヤマカツエースの血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ヤマカツエース 血統】(牡4) ※明け年齢


父  キングカメハメハ
母  ヤマカツマリリン
母父 グラスワンダー


Northern Dancer 9.38% 5×5×5 のクロスが発生。



調教師 :池添兼雄(栗東)


馬主  :山田和夫


生産者 :岡田牧場


通算成績:14戦4勝



ヤマカツマリリンは、2010年の京洛ステークス 2着など短距離路線で活躍。



ヤマカツエース」の馬名意味は、「冠名+第一人者、最高、最高の存在」です。



馬主は、「ヤマカツ」の冠名でおなじみの山田和夫(やまだかずお)さんです。




ヤマカツエースは、快勝した前走の福島記念では、ハンデが54㎏

今回の中山金杯は、2㎏増の56㎏


このハンデがどう影響するのか?



ここは試金石となりますが、重賞連覇といきたいですね。


中山金杯楽しみですね!