ホッコータルマエ 血統【東京大賞典出走】」の記事を紹介します。



12月29日(火)に、第61回東京大賞典(大井、G1、3歳以上、ダ2000m)が行われます。


登録馬のホッコータルマエは、前走のチャンピオンズカップで、2番人気でしたが、5着に敗れました。



血統がちょっと気になったので、調べてみました。



【ホッコータルマエ 血統】(牡6)


父  キングカメハメハ
母  マダムチェロキー
母父 Cherokee Run


Mr. Prospector   15.63% 3×5
Northern Dancer  6.25% 5×5


のクロスが発生。



調教師 :西浦勝一 (栗東)


馬主  :矢部道晃


生産者 :市川ファーム


通算成績:33戦16勝






マダムチェロキーは、ダート1800mを3勝、ダート1700mを1勝。



馬主は、「ホッコー」の冠名でおなじみの北海土建工業(株)代表取締役社長 矢部道晃(やべみちあき)さん。



ホッコータルマエ(マダムチェロキーの2009) は、2010年の「北海道セレクションセール」1歳馬セリにて、矢部幸一さんが1500万円(税抜)で落札。



ホッコータルマエ」の馬名意味は、「冠名+樽前山より」です。

樽前山は、矢部道晃さんの地元、北海道苫小牧市にある活火山




ホッコータルマエは、昨年2014年の東京大賞典では、見事優勝しました。


しかし、ここ2走は凡走しています。


年齢による衰えでしょうか?



そして、現在ヴァーミリアンエスポワールシチーと並んで、日本競馬史上最多G1 9勝しています。

チャンピオンズカップを勝てば、単独トップに立ちます。


記録を更新出来るか?


前走のチャンピオンズカップで優勝したサンビスタは、引退となりましたが、チャンピオンズカップの5着の雪辱を果たせるでしょうか。


東京大賞典楽しみですね!