エンジェルフェイス【全姉 レディアルバローザ】12月12日 デビュー決定」の記事を紹介します。



12月12日(土)、阪神5R 2歳新馬戦(芝1800m)で、全姉がレディアルバローザエンジェルフェイス(牝2)がデビューします。


鞍上は、A.アッゼニ騎手です。



エンジェルフェイス 血統】(牝2)


父  キングカメハメハ
母  ワンフォーローズ
母父 Tejano Run


調教師 :藤原英昭(栗東)


馬主  :株式会社 ロードホースクラブ


生産者 :ケイアイファーム



全姉レディアルバローザは、2011年、2012年の中山牝馬ステークスを連覇。


半姉は、2014年のクイーンステークス 優勝馬のキャトルフィーユ(父ディープインパクト)。



クラブ法人(馬主)の「ロードホースクラブ」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人
は、「ロードサラブレッドオーナーズ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】白、青一本輪、青袖



エンジェルフェイス(ワンフォーローズの2013) 1口馬主 募集価格】

1口出資額 :9.72万円
総口数  :500口
募集価格 :4860万円 



エンジェルフェイス」の馬名意味は、「バラの最高品種の一つ」です。




全姉レディアルバローザは、2戦目で勝ち上がりましたが、エンジェルフェイスはどうでしょうか?


新馬戦楽しみですね!