ディサイファ 血統【金鯱賞 出走】」の記事を紹介します。



12月5日(土)に、第51回金鯱賞(中京、GⅡ、3歳以上、芝2000m)が行われます。



登録馬のディサイファ(牡6)は、前走の天皇賞(春)で3番人気でしたが、8着に敗れていました。



血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ディサイファ 血統】(牡6)


父  ディープインパクト
母  ミズナ
母父 Dubai Millennium(ドバイミレニアム)


Northern Dancer 12.50%   5×5×4
Raise a Native      6.25%   5×5


のクロスが発生。



調教師 :小島太(美浦)


馬主  :H.H.シェイク・モハメド


生産者 :ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社


通算成績:31戦8勝



ミズナの従兄には、名馬 グラスワンダーがいる血統。


グラスワンダー
の母Ameriflora(アメリフローラ)の全妹が、ミズナの母Tribulation(トリビュレーション)です。


祖母Tribulation(トリビュレーション)は、1993年のクイーンエリザベス2世チャレンジカップステークス 優勝馬。



母父Dubai Millennium(ドバイミレニアム)は、Seeking the Gold(シーキングザゴールド)の直仔です。


Dubai Millennium
(ドバイミレニアム)の生涯成績は10戦9勝、2000年のドバイワールドカップを含むG1 4勝。


Dubai Millennium(ドバイミレニアム)は、急性グラスシックネス(馬自律神経症)という奇病を発症し亡くなり、わずか1世代の子孫しか残せず、ミズナはそのうちの貴重な1頭です。



馬主は、JRAでの馬主登録名 H.H.シェイク・モハメド、いわゆるドバイ首長国の首長(アミール)のシェイク・モハメド殿下です。

シェイク・モハメド殿下は、ゴドルフィンを率いる世界有数のオーナーブリーダーで、世界最高額賞金を誇るドバイワールドカップの創設者です。



ディサイファ」の馬名意味は、英語で「解読する」です。




ディサイファは、今年に入って重賞2勝しています。



前走の天皇賞(春)で8着に敗れたとはいえ、勝ち馬のラブリーデイに0.5秒差でした。


金鯱賞
では格の違いを見せて欲しいですね。



金鯱賞楽しみですね!