ファタモルガーナ 血統【ステイヤーズステークス 出走】」の記事を紹介します。



12月5日(土)に、有馬記念の前哨戦 第49回スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(中山、GⅡ、3歳以上、芝3600m)が行われます。

登録馬のファタモルガーナ(セ7)は、5月の目黒記念で3着以来のレースになります。



血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ファタモルガーナ 血統】(セ7)


父  ディープインパクト
母  タニノミラージュ
母父 エリシオ


Northern Dancer 9.38%  5×4 のクロスが発生。



調教師 :荒川義之(栗東)


馬主  :有限会社 キャロットファーム


生産者 :小泉学


通算成績:19戦4勝



タニノミラージュは未勝利。


母父エリシオは、1996年の凱旋門賞などG1 5勝。



ファタモルガーナ(タニノミラージュの2008)は、愛馬会法人キャロットクラブ」の1口馬主の会員募集で、1口出資額7万円×400口 募集総額2800万円で募集されました。



ファタモルガーナ」の馬名意味は、「上位蜃気楼の俗称。母名より連想」です。




ファタモルガーナは、昨年2014年のステイヤーズステークスで、デスペラードに1/2差の2着に敗れました。


2013年にも2着でしたので、なんとかステイヤーズステークスで悲願の重賞初制覇を果たしたいですね。



ステイヤーズステークス
楽しみですね!