ベルカント 血統【京阪杯出走】」の記事を紹介します。



11月29日(日)に、第60回京阪杯(京都、GⅢ、3歳以上、芝1200m)が行われます。



登録馬のベルカント(牝4)は、前走のスプリンターズステークスで、2番人気で13着の惨敗でした。



血統がちょっと気になったので、調べてみました。



ベルカント 血統】(牝4)


父  サクラバクシンオー
母  セレブラール
母父 ボストンハーバー


Northern Dancer 9.38% 4×5 のクロスが発生。


調教師 :角田晃一(栗東)


馬主  :前田幸治


生産者 :土居忠吉


通算成績:15戦5勝



サクラバクシンオーは、言わずと知れた日本競馬史上最強のスプリンター。


種牡馬としては、ショウナンカンプグランプリボスなどのG1馬を輩出。



セレブラールは、3勝挙げましたが、勝ち鞍は全て1200m(芝2勝、ダート1勝)。



母父ボストンハーバーは、1996年のブリーダーズカップ・ジュヴェナイル(米、G1、ダート8.5ハロン) 優勝馬。


産駒は、大体短距離系で走る傾向。



馬主は、ノースヒルズ代表前田幸治(まえだこうじ)さんです。



ベルカント」の馬名意味は、「美しい歌(音楽用語)」です。




8月の北九州記念では、今回の京阪杯で1番人気と予想されるビッグアーサーに、1馬身半差勝っています。


ベルカント
は、スプリンターズステークスから巻き返し出来るか?


京阪杯
楽しみですね!