ロライマ【伯父  フジキセキラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス 出走」の記事を紹介します。



11月28日(土)、第2回ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GⅢ、2歳、芝2000m)に、伯父がフジキセロライマ(牡2)が出走します。



鞍上は、C.ルメール騎手です。



ロライマ 血統】(牡2)


父  キングカメハメハ
母  ミルフィオリ
母父 サンデーサイレンス


調教師 :松田国英 (栗東)


馬主  :有限会社 社台レースホース


生産者 :社台ファーム


通算成績:1戦1勝



伯父フジキセキは、1994年の朝日杯フューチュリティステークス 優勝馬。


フジキセキ
の全妹は、ロライマの母ミルフィオリ



ロライマ」の馬名意味は、「ベネズエラにある名山。現地ベモン族の言葉で「偉大」」です。



クラブ法人(馬主)の「社台レースホース」は、1口馬主クラブ。


愛馬会法人は、「社台サラブレッドクラブ」でこちらが1口馬主の会員募集をしています。



【勝負服色】黄、黒縦縞、袖青一本輪



ロライマ(ミルフィオリの2013)  1口馬主 募集価格】
1口出資額 :150万円
総口数  :40口 
募集総額 :6000万円




ロライマは、9月の新馬戦(阪神、芝2000m)以来のレースになります。



新馬戦では、上がり3ハロン33.7秒の末脚で差し切り勝ち。


ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
は、一気にメンバーが強化されますが、ここは試金石ですね。


ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス
楽しみですね!