【2015年 東京スポーツ杯2歳ステークス】 結果」の記事を紹介します。



今日11月23日(月)に、第20回東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ、2歳、東京、芝1800m)が行われました。



勝ったのは、武豊騎手騎乗の4番人気のスマートオーディン(牡2)。



スマートオーディン
は後方追走、直線で大外から上がり3ハロン32.9秒の末脚で差し切り勝ち。


2勝目を挙げ重賞初制覇を飾りました。


勝ちタイムは、1分49秒5。



前半1000mが62.4秒のスローペースで、マイネルラフレシアキラージョーが前残りする中での凄い末脚でした。



新種牡馬の父ダノンシャンティは、産駒のJRA重賞初制覇です。



【スマートオーディン 関連記事】
【スマートオーディン】東京スポーツ杯2歳ステークス 出走



2着は、2番人気 プロディガルサン(牡2)。


3着は、6番人気 マイネルラフレシア(牡2)。



1番人気 ロスカボス(牡2)は8着。


スローペースでしたから、次走の巻き返しに期待しましょう。



3番人気で紅一点のアグレアーブル(牝2)は7着でした。



東京スポーツ杯2歳ステークス 結果】11頭 東京芝1800m 良


1着 スマートオーディン 武豊   1.49.5
2着 プロディガルサン  戸崎圭太 1.49.7
3着 マイネルラフレシア 柴田大知 1.49.7


3連複は3590円、3連単は20880円でした。



スマートオーディン 血統】(牡2)


父  ダノンシャンティ
母  レディアップステージ
母父 Alzao


調教師 :松田国英(栗東)


馬主  :大川徹


生産者 :スカイビーチステーブル


通算成績:3戦2勝



レディアップステージは、2000年のプリティーポリーステークス(愛、GⅡ) 優勝馬。


母父Alzaoは、ディープインパクトブルードメアサイアー(母父)として有名です。



馬主は、「スマート」の冠名でおなじみの大川徹(おおかわとおる)さんです。



スマートオーディン」の馬名意味は、「冠名+北欧神話の主神」 です。




スマートオーディン次走は、未定ですが、放牧に出されますかね。


来年だと思いますが、次走も楽しみです!